FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じるよぉ

食事を終えて、ベットに横たわる

バスルームで彼の手によって禊(みそぎ)の儀を終えたばかりの、すべすべになった私の秘部の感触を彼は楽しむように撫でていた。
私も彼の肌に手を這わせ、愛しい男根に指を絡めた。私の手の中で次第に熱を帯びてイきり勃っていく様子を感じ取る。形が変わっていく過程を楽しみながら、何度もキスをした。

「杏?」
「ん?」
彼が耳にキスをしながら囁いた
「おいで。。。」
彼は、私を自分の上に誘うように腕をひきよせた。
「69 w」


「でも、、、」
フェラなら69でないほうが、ちゃんとしてあげられるのに
69なんて姿勢で攻められたりしたら、愛されることでいっぱいいっぱいになってしまう
「ちゃんとしてあげたいから、69じゃなくてもいいじゃん」

彼は首を横に振ってから、右手の中指をクイクイと曲げ伸ばしして見せつけながら笑った。
「いいから、おいで」

「 ((((^m^; それって、まさか。。。」
「(にやっ) そう、舐めながら入れてあげる 」
「。。。」

躊躇していると私の腕を引っ張って、彼は自分の上に私を誘導してしまった
顔の前にまたがって振り返ると、もっとこっちw とばかりに手招きをされた
静かにそこに腰を下げていった
彼の両手が私の腰をつかみ、引き寄せられるとすぐ内腿にキスをされた

私はまっすぐに向き直って、目の前にあるさっき手の中で大きくなったばかりの男根の先に口づけをした





彼のクンニに気を取られながら、私は懸命に棒を口に含み、舌を絡ませ、唇を滑らせる
一方で、やわらかい温かな舌が私のあらわになった陰唇を撫でる。時々、深いクレバスに差し込まれる。愛撫をやめてしまいそうになるのをこらえながら、私は根元まで男根をほおばり、喉の深いところに先端を導いた

彼のしぐさが少し変わったのは、そのすぐ後のことだった
冷たいトロリとした感覚がお尻に感じられた

ドキンと胸がなった

さっき指を見せつけたときに気づいていたことだけど、
彼は自分の指先にゼリーを絡めてゆっくりとアナルを撫ではじめた

ドキドキしながら、彼のしたいように、、、、そのまま、フェラをつづけていた



アナルはね、まだまだ苦手
指や道具での痛みはなくなったんだけど、不安は拭えなくて
ついつい無意識に力が入るから
だから、彼の本物が入ってくるときは、どうしても痛くて
「いった~い」と、叫んでしまう



彼はゼリーを継ぎ足しながら、アナルの中に少しずつ指先を入れて
中のすべりを確かめていく

あれ?
指が入る時の抵抗がない

気が付くと彼の中指は根元まで私の中に納まっていた
その指をまっすぐにのばしたまま、ゆっくりと出し入れするピストン運動をはじめた

「はぁ、、、、」
いつものようなうめき声ではなく、吐息が漏れた

感じる うん、感じる
いつもと違う


「痛い?」
彼が尋ねた
私は首を横に振ってこたえた
「感・・・・じる、よ」

もう、フェラがまともにできないくらいに、彼の指先からくる感覚に
私の意識はしぼられていた

「あぁっ、、、、」
息が乱れる

滑らかに出入りする指の動きに、私の呼吸がコントロールされていく
ざわざわと背筋を這うしびれが、心地いい

・・・・・続く

ぴゅっ。。。ぴゅっ。。。と、、、

彼はその穴に出入りする自分の指を眺めているにちがいない
69の姿勢のまま、彼の目の前に
覆い隠す黒い茂みを失った秘部がある


彼はアナルを出入りする指とヒダを交互に凝視しているはず
恥ずかしさがこみあげてくる
「えっちぃ、、、、変態ぃ~ あぁん、、、、馬鹿ぁ」

返事の代わりに彼はもう一方の手で私の腰を引き寄せ
再び陰唇に吸い付いた
「ぁああああ」

背をそらすと、お尻をつきだすような恰好になっていた
あぁ、感じる、感じる、気持ちいい

舐められているところも感じるけれど
それ以上に
アナルでこんなに感じるなんて初めて


彼の指のピストンが激しくなっていく
中で指先が曲げられているのだろうか?
アナルの前にある秘部だろうか、クリだろうか
場所は理解できないけれど
ジンジンとしびれに似た快の感覚が大きくなっていく

私は肘をついて上半身を支えていたのに、その力が抜けていく
彼の上に自分の鎖骨を押し当てるように上半身がくずれ
彼の骨盤の上にこめかみを乗せると、鼻先に男根が触れる

なんていやらしい姿なんだろう、

その思いがありながら、私はその姿勢から逃げることを忘れていた
差し出すように彼の目の前に秘部とアナルをみせつけていた

あぁあああああ・・・・・あーー、あ~~~ん
声が大きくなっていく、

あえぎ声が途絶えることがなくなると
彼はクンニをやめて指の動きを激しくしていった

どうしようもなく切ない感覚のなかで、
私のアナルが喜びを感じて背筋をつたい、全身に鳥肌をたたせた
きゅーん、と体がしびれる

クンニをやめられて、何も触れていないのに、
ジンジンとヴァギナが、クリトリスがシビレる

「あん、ん、、、あ、、、あぁ、、、感じるの」
「すごくいいよぉ。。。。あっ、、、だめ、だめぇ、」
「いやぁ~~~~」 

大きな声を上げて、私はもう一度状態を起こした
気持ちいい、、、、、、


そのとき、さらさらと陰唇に伝う何かを感じた
まさか? そんなはずはない、だってだって、、、


彼の指がさらに激しくアナルの中で壁を撫でる
「いぃ、、、いやぁ、、、」

彼がその動きをやめないまま、もう一方の手でタオルを引き寄せるのがわかった

「杏、わかるか?」
わかるか?って、、、え???
考える間もなく次の感覚がきた、

「あっ、あっ、、、だめぇ、漏れちゃう、だめぇ」
「いいから、我慢しないで」
クリがキュンとした
「でも、でも、だって・・・あぁーーーーーっ」
でも、いつものような感じじゃない

いつまでたっても逝くときのような高ぶりにはならない
それでも、いいようのない興奮と快感を感じた

かすかに、水の流れを感じた
私の膝がくずれおちた
彼の指がしずかになった

私の息が落ち着くのを待って
彼の指が出て行った

「杏、見てごらん」
彼は、おきあがることなく私を呼び寄せた
振り向くと、彼が自分の胸を指差していた

「ほら、ここ見て。濡れているだろう?」
え?なに?

体を180度回転させてよつんばいのまま、彼の胸に近づいてみた
ちいさな水滴が彼の胸にキラキラと光っていた

汗じゃないよ、これって・・・
私、吹いたの?

彼は誇らしげに、胸に飛んでキラキラと光る雫を指差した
彼の肩を伝って流れ落ちたのだろう、彼の肩の下でシーツが濡れていた
タオルでおさえていたのは、そのしずくを抑えるためだった

彼にかけちゃったんだ

私は黙って、そのしずくに舌を伸ばした

「どんな味?」と、彼が聞いたので
とがらせた舌先にしずくをすくい、彼のくちびるに乗せてみた
「よくわからないやw」
「汗のようなしょっぱい味」
「塩味?」
「…かなぁ」

そのままキスをした
「かけちゃって、ごめんなさい、、、」
熱いキスを返してくれた
「すごいよ杏、感激したぁ」
なんだか、彼の声は弾んでいた

・・・続く

もっとぉ

彼は、なかなか興奮が冷めない様子だった
「俺の目の前すぐのところでだよ! ほんの20センチのところで
だから、よく見えたんだw お〇〇こから、じゅわんってさぁ・・・」
「 馬鹿 」


「最初はポタポタと雫がおちてきた、俺の胸に落ちてきてさぁ
もうちょっと上!顔に来いって思ったくらい、嬉しかったw 俺、やっぱ変態?」
「 変態! 」

私は彼の体から降りて、隣に腹ばいになって倒れた
枕に顔を押付けて、体から熱が去るのを待つことにした


でもね、彼は私をそのままにはしてくれない
腹ばいに寝そべった私の両足の間に入り込み、私のお尻を撫でて合図をした
私は黙ってお尻を高くした

彼の〇ニスが私に入ってきた
「痛~~~~~~っつ」って、いつもなら体を硬直させる私だけど、
あれ? 

あれ?
うそぉ
痛くないw
すごくイイw
気持ちいいw

「あぁ~~~」
アナルのときは、いつも彼も声に出してわざとそう言う

「杏? 痛い?」
根っこまで押し込んだあとで、彼が聞いてきた
「痛い?って、、、もう入っちゃってるじゃない」
「そか」
「気持ちいいよw」

ちょっと、声が小さかったかな?枕に押し当てていたからかな?
彼には聞き取れなかったみたい
「え?なに?」と聞き返された

「あのね、気持ちいいのw」
「 気持ちいいのか」

彼は私につながったまま、
さっきのタオルを私の下に広げた

それからは、水を得た魚のごとく
ズンズン、ズンズン、ズンズン、、、、、
ガンガンガンガンガンガン、、、、

あんっ、あんっ、あんっ、、、、、
「すごいよ、すごいよぉ、気持ちいいのぉ」
「杏、吹いていいんだよぉ、我慢しないでいいんだよぉ」

自分で、信じられなかった
いつも、痛みと隣り合わせだったかすかな気持ちよさしか得ていないアナルなのに
ヴァ〇ナに負けないくらい気持ちいい

「いいよぉ、すごくいい!、、、もっとぉ、もっとぉ」
彼の動きが激しくて、シーツを握りしめて枕に声を吸わせながら叫び続けていた

ぜんぜん、逝くという高まりにはならなかったけど
MAXの気持ちよさが継続していた
「愛してる、愛してるよ。ねぇ、逝って。。。。」
小さくそう言った声は聞こえただろうか?
彼は上り詰めていき、私の中に果てた



私の背中に口づけしながら、彼はとても嬉しそうな声でこういった
「愛してるよ、杏」









この日は帰るときまで、ずっと彼は上機嫌でした。

「杏は、また新境地に入ったなぁ。
感激したなぁwww
だって、つるつるのアソコから、ジュンってきてさぁ
・・・・もっと吹け!って思ってたら
こんどは、しぶきがさぁ、、ぴゅっ、ぴゅっ、て飛んだw
目のまえでそれが見えたんだぜ、エロい~~~!
開発してきた甲斐があった」

「でも、逝くのとは全然ちがうのよ。気持ちいいんだけど、逝く気配はないの」
「へぇ、違うのかぁ。。。。で?ブログに書く?
 かわいかったなぁ、二回目なんかさぁ、びゅびゅーって。。。。(延々と…)」

こんなに喜んでくれるなんて、とっても嬉しかったです。
以上、新境地の報告でした

アナルで逝く

アナルはね
彼と出逢った最初から計画的に開発されてきました。
実際に彼と体を重ねるまえの、このブログでの妄想の中から始まったものです。
前章(5)シックスナイン
↑この記事がそう。。。

日付が2010年6月になってる。
2年半もかかって、ここまできました。
もっと頻繁に彼に逢えるなら、もっと早かったと思うのですが
長くかかった年月も愛しいものです。




「次はアナルだから。準備をしておくように」
逢瀬の日が決まったとき、彼からのメールにそうありました。

ドキンと胸が鳴る。
不安のほうが大きかったかなぁ。
しばらく触っていなかったから、痛いのではないかしら?
」という、絵文字で曖昧に返事をしてみました。
「痛くないようにしようね」と、彼からの返事。

言われたとおり数日前からお通じのタイミングを意識して、
前夜にはピンクの小粒を飲んで体の調子を整えておきました。




「さて、はじめようかw」

ホテルに入って逢えなかった時間を埋めるように熱く乱してもらったあと、
ゆっくりと湯船につかり、いつものように禊の儀式をしてもらいました。
彼の手で私のアソコは覆い隠すものを一切剃り落されています。

ベッドの上で彼が広げたバスタオルの上に横たわり、
膝を立てて脚を開くと、柔らかな肌の恥丘が丸見えです。
彼はそれを眺め、鼻歌でも歌いだしそうな顔で自分の指に指サックを装着
私の両足の間にあぐらをかいてスタンバイしました

いつものことですが、なんだか今から内診がはじまるような気分w
クスクスと笑ってしまいます。

目が合うと彼は、幼子を見るような表情で私を見おろしてにっこりわらいました。
「気持ちよ~くしてあげるからね(^^)bwww」

コクンとうなづいて見せると、彼は指サックをハメた自分の指先にローションを垂らして
そっと私に触れてきました

トロリとした少し冷たい感触が、つるつるになっている私の恥丘や柔らかなヒダを撫でます
リラックスしながらマッサージをうけます
最初は性的な快ではなく、肌を撫でられていることに対する気持ちよさという感じの快です

でも、頭の中ではまるでそこが見えているかのように、彼のなぞっている私の卑猥なヒダが見えます
ローションで光るヒダのあたりを、彼の指がいったりきたりしている
しだいに鼓動が早くなる

彼の指が堅く閉じている菊をプッシュします
なんどもその周りを撫でながら、時々抑えるようにマッサージが続きます。
ローションを継ぎ足しながら、彼は表情を変えることなく自分の指先のあたりを見つめています

その顔を見ていると、、、、やっぱり、クスクスとわらってしまいそうになるw
それに気づいた彼が「何?」と言いたそうに、ちょっと首をかしげて私を見た
「痛い?」
「ううん、痛くないよ。もう入っているの?」
「もう入っているよ」

痛みも不快感もなかったから、気づかなかった
菊のあたりをマッサージされている感触の延長線の、感覚だけだったから

そのとき、ググッっと滑り込んでくる感覚があった
彼の指がアナルの中に入り込んできたのがわかる

はぁーっと息を吐き、軽く目を閉じながらその感覚に意識を集めてみた
「わかるよ。。。」

そう答えると彼は私の中で指をクイッと曲げて見せた
「ん、、、」
入っている感覚は菊門に近いところでしかわからなかったけど、曲げられると奥のほうの感覚も感じられた

しばらくゆっくりとしたピストンが続いた
さすがにピストンをされると、あの微妙な感覚に襲われる

「気持ちいい?」
気持ちいい?かな? クリやヴァギナとは明らかに違う感覚
でも、以前どうしても拭いきれなかった排泄したい感覚で辛いというのはなかった

「こっちと、、、、、こっち、、、どっちが感じる?」
彼が私の中で指を回転させて、背中側の壁を擦ったりお腹側の壁を擦ったりしてたずねてきた

「どっちも同じくらい…そこに指があたっていることはわかるよ…けど、、、、あっぁ!」
それは、お腹側を擦られたとき、同時に奥にスライドするようなピストンで感じた

「そこっ…、あン、、、」
彼が身を前かがみにして、さらに深く指を押し込んできた
「ぁぁ、、、当たってるのぉ」

不思議な感覚で快を感じた
指を入れられているのはアナルなのに、ヴァギナがうずく
ポルチオ?の快に似た感覚
腸壁越しに子宮にあたっているのじゃないかなぁ

彼は私の反応を見ながら、お腹側の一点に指先を押し当てはじめた
「あぁ、、あああ、、感じる…気持ちいいよ」

しだいにそのピストンが早く、強くなっていく
気持ちいい…私は体をこわばらせながらその感覚にのまれていく

喘ぎ声が大きくなる…気持ちいい
でもでも、せつない・・・なぜ?
どうして?どうして?
なぜ?せつない?

欲しい

なにが?

もっと感じたい

どう感じたい?

わからない

気持ちいい

でも 寂しい

触れてほしい

「ねぇ…、、、、前に触ってほしい」

そう、おいてきぼりで焦らされているような気分だった

アナルから腸壁越しにポルチオで快を得ているのに

ヴァギナが空っぽで、それが寂しくてしかたがなかった

それと同時にどうしてなんだろ?

クリトリスがビリビリと感じていた

もっともっと、感じたい

今ならどんなに気持ちよく感じることができるだろうか

欲しい、もっと感じさせてほしい


「あぁ~、だめぇ。クリも触ってほしいよぉ」

おねだりしてしまいました

(>>続く)

テーマ : 人妻・熟女
ジャンル : アダルト

プロフィール

ann

Author:ann
愛しい彼が私をえっちな女にしてしまいました。
赤裸々に彼とのSEXを綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター&成分分析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。