FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンディングのSEX(1)アナルで感じる?

「さて、次はどんなふうに逝かせようかな」

8時間たっぷりかけて繰り返すsexが、エンディングの時間に差し掛かったころ
彼が選んだのは小さなローターとアナルバイブだった

「アナルなの?」
私はあまり気のりはしない声でわざと聞いてみた

まだ私の体は、アナルで逝くというところには達していない
一緒にすごす残り時間が少なくなったこの時には、ぞんぶんに溶けるような快感におぼれたかった
甘い快感を体の奥に刻み込んで、その余韻の覚めないうちにこの日最後のkissをしてプラットホームで手を振りたかった

「大丈夫 逝かせてやるよ」

彼曰く、アナルは時間をかけて徐々によくなるものだから、PLAYのメニューからは外せないらしい。

腹ばいに寝てから、お尻だけを浮かせるように突き出す恰好になるように指示されて
言われるままにお尻を彼の前に差し出した




彼と出会う以前、そこには何も受け入れたことはなかった
誰かに触れさせることもしなかった
それなのに、初めて会った夜に彼はそこに指を差し込んだ
sexのはじまる前のバスルームでの戯れの中で
彼と向かい合って膝を立て体を洗われていた
恥じらいの中で、彼のしたいように体を触らせてみた
上半身にボディーソープの泡がいきわたると、
彼の手が、閉じた私の両腿を開かせてその隙間にすべりこんできた

彼の首に両手を絡め、肩をなでながら目を閉じた
その指は、閉じているヒダの間に滑り込み、執拗に同じ場所を行き来していた

自分の鼓動が聞こえてくる
ドキドキとその音は強くなる
その指の触れるところに意識があつまる

そのとき、思いもかけないところに指が這っていった
戸惑い、目を見開いて恐る恐る彼の顔を見ているうちに
指は固く閉じた私のアナルをツンと突いた

まさか、と不安がよぎったそのとき

ボディソープをまとった指がほんの少し、私の中に差し込まれた
「あっ。。。」

彼はいたずらな笑みを浮かべて、私を見ていた
オロオロとしている私の顔をのぞきこみ
様子をうかがうように、笑みを浮かべていた

「第一関節まで入ってるよ」
と言われ、私は首を横に振った。

泥酔に近い酔いの中にあったにもかかわらず、
そのときの感覚は覚えている
排泄のときの感覚そのものだった

「排泄」を思いうかべてしまったことで
恥ずかしさで頭の中がいっぱいになった
「いや、、、、」
それだけを言葉にするのが精いっぱいだった
「痛い?」と尋ねられても、「感じる?」と尋ねられても
ただただ、首を横に振って唇をかみしめていた

私の中で彼の指がうごめいた
「あぁっ、だめ。。。」

「痛い?」再び彼が尋ねてくる
「痛いのはない、、、けど、だめぇ、動かないで」
そう言ったはずなのに、彼は指先を穴の内壁を押すように動かしてきた
「だめぇ、、、いやぁ」

痛みはない、気もちいいという感覚もない
どうしようもない辛い感じ
そう、辛い感じ
「いやぁ、だめぇ、、、」

「何がだめなの?」

首を振り続けた。
言えない、言えない、言えない
だって、排泄している真っ最中の感覚が、ずっとそこにある
恥ずかしくてどうしようもない
排泄ならすぐに通り抜けてすっきりするのだけど、
指はずっとそこにあって、私を刺激し続けていた

「だめぇ、、、辛いよぉ」

彼は、この辛いの意味が理解できただろうか?
心の中では叫んでいた。でも、言葉にはどうしても出せなかった。
。。。。だめぇ、でちゃう、、、、出してしまいそう

実際に排泄をしたかったのではないと思うけど
出してしまいたいという辛い感覚でいっぱいだった

小さく抵抗するように、体を揺らして悶えていたような気がする


あれから、何度も
私のアナルは「挿入」されることを経験してきた

あの強い辛い感覚は、事前に便秘薬を飲んで彼に会う前に
排泄をすませておくことでやわらいだ
彼も私の辛さを和らげるためにローションを使うようになった
会うたびに受け入れてきた

指、スティック、バイブ、プラグ
そして彼自身、そうアナルsex

今でもまだ、彼自身を受け入れるのはかなりの痛みを伴う
でも、私と彼は頻繁に逢えるけではないので
逢うたびに私のアナルは処女のように頑な(かたくな)に挿入を拒んでしまう

それでも
いつも必ずというわけにはいかないけれど、
「感じる」ようになっていった






「大丈夫 逝かせてやるよ」
とろりとしたローションがそこに滴る
彼の指が、頑な(かたくな)なアナルにそのとろみのある雫を塗りつけた
ときおり中に指を差し込みながら、潤いを押し込んでいった

(。。。続く)

エンディングのSEX(2)アナルバイブ

「annは、必ずアナルで逝くようになる」
「・・・・・・・・・・。」
怪我の手当てを受けるときのように、私は静かに彼の処置を受ける

アナルバイブの先端が、アナルの入り口に触れた
その一点に意識が集まる

ぎゅーっつと入り込んでくる
このバイブ(アナルマックス)は、先端から根元までふくらみとくびれを繰り返していて、挿入されるときにいくつかの団子ような突起を感じる
一つ目の突起がすっぽりと中に押し込まれた瞬間、無意識に吐息がもれた

快感というより挿入感
辛いという感覚はないけれど、アナルの入り口から数センチの部分は
何かが入っているという感覚を敏感に感じ取る

ゆっくりとピストンを繰り返しながら
二つ目の団子が小さな刺激を伝えてきた

じっとその感覚に意識をあつめる
鼓動が早くなる

二つ目の団子は出たり入ったりを数回くりかえし
アナルの入り口を刺激してくる
入り口より奥のほうでは、敏感な神経がないのだろうか
異物が挿入されているという感覚は入り口付近の数センチ以外には感じない


三つ目の団子、、、、
「はぁん、、、」と、吐息に声が混ざった

それが合図だった。バイブのスイッチが入れられた
ヴァギナのバイブとは違って、このアナル用バイブの振動は小刻みなもの
ローターの振動に近い

まだまだ性感帯として未熟な私は、この振動では動揺することはなかった

でも、
アナルで感じる感覚はまだ性的快感とは少し違う感じだったけど、
恥ずかしい行為に熱を感じる。ブーンというかすかな音が厭らしく耳に届く
微々たる振動が、アナルの中にバイブが挿入されていることを私にリアルに伝えてくる

羞恥の感情が私にゆさぶりをかけてくる

ピストンを繰り返し、バイブはさらに深く挿入されていった
アナルにはヴァギナのような行き止まりはない
入り口のすぐには感覚があってもその奥の腸には異物感はない

感覚はないはずなのに、奥にあたる感覚を感じた
「あっ、、、」

腸壁越しに隣にある臓器
子宮をバイブが押した
「あぁ、あた・・・ってる」

「あたったかw」
同時に彼はもう一つのスイッチをonにした

バイブの先端から低周波の振動が、かすかなパルス音とともに発せられた
「ぁ、、、」
小さいけど、感じる。ポルチオ、、、、、で。

(。。。。続く)

エンディングのSEX(3)

アナルに深く差し込まれたアナルバイブの先端が、腸壁を隔てて子宮の入り口に届いていた
バイブの先端から低周波の振動が、かすかなパルス音とともに発せられた
「ぁ、、、」
小さいけど、感じる。ポルチオ、、、、、で。


とても不思議な感覚だった。いつもなら、ヴァギナいっぱいの挿入感があるときにしか感じないポルチオへの刺激なのに、ヴァギナは何にも触れられていなかった

「前がさびしい?」
尋ねられてコクンとうなづいた
「この状態で、これ以上気持ちいいことにはならないよ」
「そっか、、、」
というと、彼はもう一つの道具を取り出してスイッチを入れた

内腿に小さな丸みのある振動物を触れさせた
「ローター? 私には効き目ないよw」
クスクスと笑って答える余裕もあった
「そうか?」
クスクス笑いが彼を挑発したかな?けど、拍車をかけてみた

私は、四つんばいがつぶれたように枕を抱きながら、
お尻を高くあげて彼に任せていた。
スイッチが入っている。アナルバイブが差し込まれている

102220001

それなのに…なんか、穏やかな会話だね

恥ずかしいという気持ちを、ごまかすように
ちょっと強がってみた
「ローターでは私は逝かないよ。声も出してやらないw」
「ふうぅ~ん、そうかなぁ?」

アナルの奥から聞こえてくるパルス音に混ざって、ブーンという小さなローターの音が、聞こえてくる
再び彼の処置を黙って受けるように、目を閉じて額を枕に押し付けた
バイブが奥まで届いていることを確かめるように、小さく奥に押された

指先にローターを乗せた彼の手のひらが、わたしの割れ目を包むようにそっとあてがわれた。
ローターのころんとした丸みが私の陰部に沿うように触れている
振動を感じるけど、私は動じない

手のひらごと押し当てられるローターが、ヒダを小さくくすぐっていた

少しずつ、少しずつローターの位置がずれていく
ちらちらと彼が私の表情をうかがう


あ、そこ感じるw

クリトリスに尖った先だけをあてられて、、、、、
けど、言わない。教えてあげない
反応、示してあげない

再びヴァギナの入り口に戻って、ほんの少しヒダを分け入って
雫をからめ、またクリトリスを撫でる

往復するたびに滑らかに滑らかにすべる

彼が再び私の顔を覗き込む
まだ、我慢できる私はわざと力のない表情で首を振ってみせた
「感じてあげないw」

彼はそのまま私を見つめて薄く笑って見せた
指を差し込んできた、、、指だけじゃない

「あ、、、」
やっぱり中は弱い
入り口に半分だけ入ったローターがあてられている

そこで止まらないで、


って、思ってしまう。けど、言ってあげない
唇を噛んで、じっとしていた

ヴァギナの入り口に出入りしている振動が
すーーっと、中に落ちた

振動がGに押し付けられる
指がいやらしくスウィングする

あぁ、やっぱだめかも・・・
ローターで感じちゃうのは、ちょっと悔しいけど

でも、Gに押し付けられた指が
グイと曲げられ恥骨に伝わる振動

ヴァギナの中を彼が揺さぶるから
アナルに差し込まれたバイブが子宮にあたる

「んっ...」

枕に顔を押し付けて、声を殺した
けど、けど、、、、

「あぁっ」
だめぇ、気づかれた

彼の指が徐々にスピードをあげ、強くそこを攻め始める
感じ始めると、さっきまでなんともなかったアナルもどうしようもなくなってしまう

ヴァギナの奥がきゅっと収縮する感覚
ますます、恥骨に伝わる振動がビリビリ響く

「ぁぁああ、、、」

潮の吹かせ方

この動画、へぇー、へぇー、そうなってるんだWWW って、お勉強になりました。
http://kingdomofgourmet.blog84.fc2.com/blog-entry-898.html

触れられている感覚と図解でわかっているつもりだったんだけど、この透明な模型の中で動いている指見てると・・・Aha~~~~


kato.png


Yちゃんの言っていた「溜まる~」ってこれのことね。
膀胱の裏が膨らんできますって。

ダメかもしれない、今度エッチしたらこの絵を思い出しそうw
いや~んw やばい

エンディングのSEX(4)

彼の指が徐々にスピードをあげ、強くそこを攻め始める
感じ始めると、さっきまでなんともなかったアナルもどうしようもなくなってしまう

ヴァギナの奥がきゅっと収縮する感覚
ますます、恥骨に伝わる振動がビリビリ響く

「ぁぁああ、、、」

アナルの奥で子宮にあたるバイブからの低周波
アナルの入り口あたりにはバイブの振動
そして、Gに押し当てられるローターの振動と圧迫


いっきに上り詰めてしまう
ぞくぞくとしたざわめきが走って
背中をのけぞらせた

息の続く限りの声を振り絞って
果ててしまった



ゆっくりと腹ばいになり、大きく肩で息をする
余韻の中を漂っていた

ゆっくりとアナルからバイブが抜き取られた
息を吐きながらそれを感じ取った
ヴァギナの中の振動、、、
「あっぅ、、、」
抜き取られたと安堵したところに
再び指が…さっきよりも深く差し込まれた
手マン

「ぁぁあ、、、だめぇー。まだダメ」
「ダメ?なんで?」

いじわるくピストンされる指に、逝ったばかりのうっ血したヴァギナが反応する
Gだけじゃない、Pも、ヴァギナの入り口も、クリトリスも
ほんの少し触れられるだけで、ビリビリとしびれる

「だめ、だめ、だめ、、、、感じすぎる」

彼の指がそこを離れていった。
仰向けに向き直って、大きくお腹を上下させて息をする私を見下ろして
彼は指先で私のお腹をなぞった

ビクッと体が揺れた

太腿の内側、膝、ふくらはぎ
「あっ、、、、んっ、、」

どこに触れられても感じていた





そろそろ帰る支度をしなきゃいけない時間になっていた。
彼も私を逝かせるだけで、終えるつもりだったはず

でもでも、、、、

「ねぇ、、、、、きて…」
どうしようもなくなって、彼の頬を右手で包み込んだ
彼が覆いかぶさり、熱いキスをくれる
私の左手は、肉の棒を握りしめていた
「きて、」

彼の手のひらが胸を包み、尖った乳首を指先で転がした
そのまま、お腹の上を撫でながら降りていく
私は両足の間に彼を導いた

やがて彼が入ってきた
「はぁぁぁぁ~」
深い息をしながら、体をそらせると、
ほわっと体に熱を感じた

重なった彼に肩をつかまれるように抱かれて
揺さぶられると、すぐに大きな快感に襲われた

「愛してる、愛してるの」

時が止まればいいのにと思ってしまう
何か言ってしまいそうになる唇を、キスで埋めた
揺さぶられるたびに、体の奥が収縮する

「あぁぁ、、、、逝く、逝く、逝っちゃう」

大きな波の中で、ため息を全部吐き出すように声をあげた
「あ"---------っつ」



顔にかかった髪を、彼の指がかき分けた。
「愛しているのは体だけか?」
「馬鹿!」
果ててまだ私の中にあった彼の一部が、もう一度私を突き上げた。
「あんっ!!」
ゆっくりと、離れていく。

そしてもう一度口づけた。
「愛してるよ、ann」
何度も何度も口づけた。

「さ、急いでシャワー浴びておいで。遅くなるよ」
「はぁい」








逢瀬のエンディングは、いつも離れがたくて
いつまでもそのままの姿で横たわっていたくなる

でも、弱気な顔はしない
帰る時間は、さらりと支度を整えて
ちゃんとメイクもきめて、きれいな笑顔で
またね!のキスをしたい。。。。。

彼は私のメイク所要時間は10分で十分と思っているらしい。
ちょっと違うんだけどなぁ。。。
プロフィール

ann

Author:ann
愛しい彼が私をえっちな女にしてしまいました。
赤裸々に彼とのSEXを綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター&成分分析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。