FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じるよぉ

食事を終えて、ベットに横たわる

バスルームで彼の手によって禊(みそぎ)の儀を終えたばかりの、すべすべになった私の秘部の感触を彼は楽しむように撫でていた。
私も彼の肌に手を這わせ、愛しい男根に指を絡めた。私の手の中で次第に熱を帯びてイきり勃っていく様子を感じ取る。形が変わっていく過程を楽しみながら、何度もキスをした。

「杏?」
「ん?」
彼が耳にキスをしながら囁いた
「おいで。。。」
彼は、私を自分の上に誘うように腕をひきよせた。
「69 w」


「でも、、、」
フェラなら69でないほうが、ちゃんとしてあげられるのに
69なんて姿勢で攻められたりしたら、愛されることでいっぱいいっぱいになってしまう
「ちゃんとしてあげたいから、69じゃなくてもいいじゃん」

彼は首を横に振ってから、右手の中指をクイクイと曲げ伸ばしして見せつけながら笑った。
「いいから、おいで」

「 ((((^m^; それって、まさか。。。」
「(にやっ) そう、舐めながら入れてあげる 」
「。。。」

躊躇していると私の腕を引っ張って、彼は自分の上に私を誘導してしまった
顔の前にまたがって振り返ると、もっとこっちw とばかりに手招きをされた
静かにそこに腰を下げていった
彼の両手が私の腰をつかみ、引き寄せられるとすぐ内腿にキスをされた

私はまっすぐに向き直って、目の前にあるさっき手の中で大きくなったばかりの男根の先に口づけをした





彼のクンニに気を取られながら、私は懸命に棒を口に含み、舌を絡ませ、唇を滑らせる
一方で、やわらかい温かな舌が私のあらわになった陰唇を撫でる。時々、深いクレバスに差し込まれる。愛撫をやめてしまいそうになるのをこらえながら、私は根元まで男根をほおばり、喉の深いところに先端を導いた

彼のしぐさが少し変わったのは、そのすぐ後のことだった
冷たいトロリとした感覚がお尻に感じられた

ドキンと胸がなった

さっき指を見せつけたときに気づいていたことだけど、
彼は自分の指先にゼリーを絡めてゆっくりとアナルを撫ではじめた

ドキドキしながら、彼のしたいように、、、、そのまま、フェラをつづけていた



アナルはね、まだまだ苦手
指や道具での痛みはなくなったんだけど、不安は拭えなくて
ついつい無意識に力が入るから
だから、彼の本物が入ってくるときは、どうしても痛くて
「いった~い」と、叫んでしまう



彼はゼリーを継ぎ足しながら、アナルの中に少しずつ指先を入れて
中のすべりを確かめていく

あれ?
指が入る時の抵抗がない

気が付くと彼の中指は根元まで私の中に納まっていた
その指をまっすぐにのばしたまま、ゆっくりと出し入れするピストン運動をはじめた

「はぁ、、、、」
いつものようなうめき声ではなく、吐息が漏れた

感じる うん、感じる
いつもと違う


「痛い?」
彼が尋ねた
私は首を横に振ってこたえた
「感・・・・じる、よ」

もう、フェラがまともにできないくらいに、彼の指先からくる感覚に
私の意識はしぼられていた

「あぁっ、、、、」
息が乱れる

滑らかに出入りする指の動きに、私の呼吸がコントロールされていく
ざわざわと背筋を這うしびれが、心地いい

・・・・・続く

ぴゅっ。。。ぴゅっ。。。と、、、

彼はその穴に出入りする自分の指を眺めているにちがいない
69の姿勢のまま、彼の目の前に
覆い隠す黒い茂みを失った秘部がある


彼はアナルを出入りする指とヒダを交互に凝視しているはず
恥ずかしさがこみあげてくる
「えっちぃ、、、、変態ぃ~ あぁん、、、、馬鹿ぁ」

返事の代わりに彼はもう一方の手で私の腰を引き寄せ
再び陰唇に吸い付いた
「ぁああああ」

背をそらすと、お尻をつきだすような恰好になっていた
あぁ、感じる、感じる、気持ちいい

舐められているところも感じるけれど
それ以上に
アナルでこんなに感じるなんて初めて


彼の指のピストンが激しくなっていく
中で指先が曲げられているのだろうか?
アナルの前にある秘部だろうか、クリだろうか
場所は理解できないけれど
ジンジンとしびれに似た快の感覚が大きくなっていく

私は肘をついて上半身を支えていたのに、その力が抜けていく
彼の上に自分の鎖骨を押し当てるように上半身がくずれ
彼の骨盤の上にこめかみを乗せると、鼻先に男根が触れる

なんていやらしい姿なんだろう、

その思いがありながら、私はその姿勢から逃げることを忘れていた
差し出すように彼の目の前に秘部とアナルをみせつけていた

あぁあああああ・・・・・あーー、あ~~~ん
声が大きくなっていく、

あえぎ声が途絶えることがなくなると
彼はクンニをやめて指の動きを激しくしていった

どうしようもなく切ない感覚のなかで、
私のアナルが喜びを感じて背筋をつたい、全身に鳥肌をたたせた
きゅーん、と体がしびれる

クンニをやめられて、何も触れていないのに、
ジンジンとヴァギナが、クリトリスがシビレる

「あん、ん、、、あ、、、あぁ、、、感じるの」
「すごくいいよぉ。。。。あっ、、、だめ、だめぇ、」
「いやぁ~~~~」 

大きな声を上げて、私はもう一度状態を起こした
気持ちいい、、、、、、


そのとき、さらさらと陰唇に伝う何かを感じた
まさか? そんなはずはない、だってだって、、、


彼の指がさらに激しくアナルの中で壁を撫でる
「いぃ、、、いやぁ、、、」

彼がその動きをやめないまま、もう一方の手でタオルを引き寄せるのがわかった

「杏、わかるか?」
わかるか?って、、、え???
考える間もなく次の感覚がきた、

「あっ、あっ、、、だめぇ、漏れちゃう、だめぇ」
「いいから、我慢しないで」
クリがキュンとした
「でも、でも、だって・・・あぁーーーーーっ」
でも、いつものような感じじゃない

いつまでたっても逝くときのような高ぶりにはならない
それでも、いいようのない興奮と快感を感じた

かすかに、水の流れを感じた
私の膝がくずれおちた
彼の指がしずかになった

私の息が落ち着くのを待って
彼の指が出て行った

「杏、見てごらん」
彼は、おきあがることなく私を呼び寄せた
振り向くと、彼が自分の胸を指差していた

「ほら、ここ見て。濡れているだろう?」
え?なに?

体を180度回転させてよつんばいのまま、彼の胸に近づいてみた
ちいさな水滴が彼の胸にキラキラと光っていた

汗じゃないよ、これって・・・
私、吹いたの?

彼は誇らしげに、胸に飛んでキラキラと光る雫を指差した
彼の肩を伝って流れ落ちたのだろう、彼の肩の下でシーツが濡れていた
タオルでおさえていたのは、そのしずくを抑えるためだった

彼にかけちゃったんだ

私は黙って、そのしずくに舌を伸ばした

「どんな味?」と、彼が聞いたので
とがらせた舌先にしずくをすくい、彼のくちびるに乗せてみた
「よくわからないやw」
「汗のようなしょっぱい味」
「塩味?」
「…かなぁ」

そのままキスをした
「かけちゃって、ごめんなさい、、、」
熱いキスを返してくれた
「すごいよ杏、感激したぁ」
なんだか、彼の声は弾んでいた

・・・続く

もっとぉ

彼は、なかなか興奮が冷めない様子だった
「俺の目の前すぐのところでだよ! ほんの20センチのところで
だから、よく見えたんだw お〇〇こから、じゅわんってさぁ・・・」
「 馬鹿 」


「最初はポタポタと雫がおちてきた、俺の胸に落ちてきてさぁ
もうちょっと上!顔に来いって思ったくらい、嬉しかったw 俺、やっぱ変態?」
「 変態! 」

私は彼の体から降りて、隣に腹ばいになって倒れた
枕に顔を押付けて、体から熱が去るのを待つことにした


でもね、彼は私をそのままにはしてくれない
腹ばいに寝そべった私の両足の間に入り込み、私のお尻を撫でて合図をした
私は黙ってお尻を高くした

彼の〇ニスが私に入ってきた
「痛~~~~~~っつ」って、いつもなら体を硬直させる私だけど、
あれ? 

あれ?
うそぉ
痛くないw
すごくイイw
気持ちいいw

「あぁ~~~」
アナルのときは、いつも彼も声に出してわざとそう言う

「杏? 痛い?」
根っこまで押し込んだあとで、彼が聞いてきた
「痛い?って、、、もう入っちゃってるじゃない」
「そか」
「気持ちいいよw」

ちょっと、声が小さかったかな?枕に押し当てていたからかな?
彼には聞き取れなかったみたい
「え?なに?」と聞き返された

「あのね、気持ちいいのw」
「 気持ちいいのか」

彼は私につながったまま、
さっきのタオルを私の下に広げた

それからは、水を得た魚のごとく
ズンズン、ズンズン、ズンズン、、、、、
ガンガンガンガンガンガン、、、、

あんっ、あんっ、あんっ、、、、、
「すごいよ、すごいよぉ、気持ちいいのぉ」
「杏、吹いていいんだよぉ、我慢しないでいいんだよぉ」

自分で、信じられなかった
いつも、痛みと隣り合わせだったかすかな気持ちよさしか得ていないアナルなのに
ヴァ〇ナに負けないくらい気持ちいい

「いいよぉ、すごくいい!、、、もっとぉ、もっとぉ」
彼の動きが激しくて、シーツを握りしめて枕に声を吸わせながら叫び続けていた

ぜんぜん、逝くという高まりにはならなかったけど
MAXの気持ちよさが継続していた
「愛してる、愛してるよ。ねぇ、逝って。。。。」
小さくそう言った声は聞こえただろうか?
彼は上り詰めていき、私の中に果てた



私の背中に口づけしながら、彼はとても嬉しそうな声でこういった
「愛してるよ、杏」









この日は帰るときまで、ずっと彼は上機嫌でした。

「杏は、また新境地に入ったなぁ。
感激したなぁwww
だって、つるつるのアソコから、ジュンってきてさぁ
・・・・もっと吹け!って思ってたら
こんどは、しぶきがさぁ、、ぴゅっ、ぴゅっ、て飛んだw
目のまえでそれが見えたんだぜ、エロい~~~!
開発してきた甲斐があった」

「でも、逝くのとは全然ちがうのよ。気持ちいいんだけど、逝く気配はないの」
「へぇ、違うのかぁ。。。。で?ブログに書く?
 かわいかったなぁ、二回目なんかさぁ、びゅびゅーって。。。。(延々と…)」

こんなに喜んでくれるなんて、とっても嬉しかったです。
以上、新境地の報告でした

アナルプレイへの質問に答えて。。。

長くなりそうだから記事にしちゃいました。
コメントでいただいた質問への回答とプラスα=体験談です。

●事前の準備について
今私がしているアナルの準備は、逢瀬前夜のピンクの小粒1つだけです。
市販の便秘薬です。
普段は必要ないお薬なので、効きすぎて朝腹痛で目が覚めることも多々あります。
市販薬でも緩やかに効く薬があるみたいなので、自分に合うものを探している最中です。

一年前、まだ薬を使っていなかったころ、挿入時に「排泄したくて辛くなる」「異物感があって不快」ということがありましたが、薬をつかって空っぽにしておくことで軽減しました。

●指サック
写真のようなアナルプレイ用の指サックを使用します。
コンドームみたいなブカブカと違って、ぴったり指にフィットします。
アナル用指サック


●アナル用ローション
流れにくい渇きにくいローションを使用します。
入り口表面だけでなく、マッサージをして筋肉の緊張をほぐしながら、少しずつ中にもローションを入れます。
今よりもっと痛みや抵抗が強かったころは、ポンプを使ってローションをたくさんアナル内に流し込んでいました。

●いきなり入れたりしません
指で表面のマッサージ、指一本第一関節までの範囲のマッサージ、第二関節までの深さのマッサージなど時間をかけて入り口付近の筋肉が柔らかくなるまで、丁寧にマッサージをしてもらっています。

●日によって違います
マッサージしても緊張が取れないときは、挿入をあきらめることもあります。
彼は「そのうち、平気になるから会うたびにマッサージする」と言って、毎回アナルには触れていました。

●道具で慣れさせる
指一本のあとは、細いスティック状の道具を使いました。
痛がっていたころは滑りのいいただのスティックでした。太さや長さに少し慣れてきたころにはアナルバイブで刺激され、少しずつ感じるようになっていきました。

 アナルしスト

アナルマックス
 












--------------------------------------------------------------------------------

初めての夜からいきなり・・・
最初にアナルに指を受け入れたのは、彼と初めて会った日のバスルームでした。
逢う前からメールで興味があることは知っていたのですが、最初から指入れちゃう?

その時はとにかく「辛い」って感じでした。
排泄したいのに、トイレがあいてなくて我慢しているときの辛さっていえばわかる?
とにかく、アナルに入っている異物を出したくてしょうがないって感じでした。

この辛さが、先に書いた薬を使うことで軽減していきました。
空っぽになっていても、指やスティックが入ってくるのは痛みと何とも言えない不快感がありました。

初めてのアナルSEX
二回目の逢瀬のときだったかな? 彼自身を受け入れました。
指でマッサージした後でしたが、本物は指よりずっと太いのでなかなか入りません
それを無理に押し込んだとき、強い痛みが走りました。
処女を卒業するときに出血した人はわかると思います。あの、裂ける痛みです。

まだ、十分に受け入れる準備が体にできていなかったんだと思います。
アナルの入り口付近に血が滲みました。数日間、切れ痔のような痛みがあり、排泄のときにビクビクしました。
小さな怪我ですが、粘膜の傷は回復が早いのでウォシュレットなどで清潔にすることで3日目にはなんともない状態になりました。


恐怖心と快感
痛みを感じるのは入り口あたりだけです。
ほんの3センチまでの付近だけ痛みを感じて、それより奥は無痛です。
逆を言えば、無痛だから怖いのです。傷をつけても痛みを感じないということですから、道具を激しく動かされることには、とても怖さを感じました。


アナルには、ヴァギナの奥の子宮のような行き止まりはありません。
でも、ある日バイブの先端が「当たった」と感じました。
腸壁越しに、子宮口にバイブが当たったのです。

ヴァギナに挿入されてPを突かれたときのPで感じる快を、アナルに入れられたバイブの先端で感じたのです。

これが、アナルで初めて気持ちいいと感じた瞬間でした。
でも普段、Pで気持ちいいと感じるときって、ヴァギナいっぱいに挿入感があって、両方の快で満たされるものです。それが、アナルから刺激されてPで気持ちいと感じても、ヴァギナがさびしくて仕方なかった。どうしようもなく、さびしかった。

だから、おねだりしてしまいました。
「前にも入れて~」
で、ディルトを使い、二穴二本攻めでエクスタシーに・・・・

正直、怖かった。
腸壁って、ものすごく薄いものかもしれないでしょう?
痛みを感じるような神経が通っていないので、傷がついても気づかないものでしょう?

その後、アナルからPを攻めることは怖いんだと、彼に話して道具の使い方は激しくしないようにしてもらいました。

こういう、話ができることって大事だと私は思います。
不安があったのでは、絶対にいいSEXなんてできないですから。


痛みと隣り合わせのアナルSEX
毎日のマッサージができていれば、もっと早く体の緊張がなくなったのかもしれないですが、私は逢瀬のたびに彼が愛撫するマッサージだけしかケアをしていなかったので、その後も彼自身を受け入れることには強い痛みがありました。

道具や指では痛みはなくなったのですが、かすかに気持ちいいと思う程度です。
彼自身が入ってくるときは、ギリギリと入り口がきしむ音がするような気がします。
私はいつも、枕に顔を押し当てて痛みを逃す声を上げて受け入れていました。

やがて、痛みがあるのは、入ってくるその時だけになりました。
しばらくじっとしていてもらえば痛みは消えて、その後はピストンをされるとほんの少しの気持ちよさと、ヴァギナ以上の締め付けに喜ぶ彼の表情にとても満たされた気持ちになります。

「かすかだけど、感じるよ。愛してるよ」

そうなるまでに、10ヵ月かかりました。(月1~2回の逢瀬のペースです)

潮噴きとトロトロの快感と・・・いつか、逝けるきがする
で、やっと痛みを一切感じない本当のアナルSEXができました。
先に書いた新境地のことです。

「もっとぉ・・・(3)」 で、受け入れた彼自身はとっても気持ちよかったです。

プロフィール

ann

Author:ann
愛しい彼が私をえっちな女にしてしまいました。
赤裸々に彼とのSEXを綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター&成分分析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。