FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前章(4)あなたの吐息

私は、体の向きを変えてその膨らみに近づいた。
両手で包み込んで撫でると、モゾモゾと応えてくれた気がした。

「ねぇ、出してもいい?」目隠しをしたまま、あなたの顔を見上げた。あなたは、穏やかに「お好きなように」と応えてくれた。


ベルトを外して、ファスナーを下ろすと人の肌の臭いがした。

あなたは体を起こして、シャツを脱ぎ、ズボンを脱ぎ捨てた。


長い塊を下着の上からぎゅうっと掴むと、あなたがくっと息を飲んだ気がする。

なんだか嬉しくなって、その膨らみに口づけをした。
そっと下着を脱がせてみる。両手で掴むと、熱くて固くて、、、

目隠しをしていて見られないけどわかる。押さえても弾き返してくる力強さ。

舌先で舐めてみた。付け根から先に向かって、尖端の傘の部分を尖らせた舌先でぐるぐるとなぞる。

指を絡めて、シゴいてみると傘に力が入る。

舌先で尖端をつつく、穴を見つけたので小さくキスをしてみた。

傘から上をくわえると、「ウッ、」と声が聞こえた。

それからは、ただただ夢中になって熱い棒にむしゃぶりついた。


「あぁ、アン、いいよ。そのまま唇で締め付けてくれ」

あなたの両手が私の髪を撫でる。まるで褒めるときのように、頭を撫でてくれる。

唇で締め付けながら、上下に頭を振るとあなたの息が荒くなる。

喉に届くほど口いっぱいに含み、舌で舐める。

手で袋を弄んだり、指先で縫い目のような線をなぞってみたり…

噛み殺すように、ため息のように聞こえるあなたの声。

だんだん私のあそこが疼いてくる。

たまらなくなって、あなたの股間に顔をうずめながら、私は自分でスカートを脱ぎ捨てた。

「アン、こっちにおいで」
【このあと、どうする?
まだ、キャミソール、パンスト、パンティーのままですが…】

コメントの投稿

非公開コメント

エロすぎる

3行目で、もうフリーズする。
むしゃぶりついちゃうの?
もう死にそう。

初体験序章。。。

いつのまにかアンは俺のものを口からはずし、

この不思議な感覚を緊張と不安、期待がまざったような表情で

味わっていた。

菊門がヒクヒク、時にグッと力が入って俺の指を締め付ける。

膣から溢れてきた蜜を左手の中指ですくい、

あそこに入れている右手の人差し指に渡した。

ヌルヌルとなった指は第2関節までスルッっと入っていった。

もう、アンは痛くはないようだ。

すっかり緊張も解けたみたいに、

その中は柔らかく、締めたり、緩めたりしてる。

左手の人差し指でクリトリスを優しく撫でてみる。

アンはアーーッ、と、はかなそうなうめき声をあげて

腰を少し左右に振った。

右手の人差し指はゆっくり前後運動を繰り返しながら

今度は左手の中指を膣に入れていった。

こちらのほうは溢れ出る愛のよだれで熱く俺の指を浸した。

オッ、二つ同時にグッと指を握ってきた。

二つの穴にそれぞれ指が入っている。

アンにこの景色を見せたいな・・・

2本の指を交互に出し入れしながら、

左手の親指でクリトリスを撫でた。

俺の顔の斜め前にあるアンの股間から

俺の喉元に透明な液体が長い糸を引きながら

一しずく滴り落ちた。

No title

まず、パンストを脱いで・・・
キャミとパンティはそのままで。


俺はアンを69の体勢で舐めさせた。
アンは目隠しのまま、手で俺のペニスをしこりながら
のどの奥まで入れて、
右手の中指は俺のアヌスをつついていた。
俺は、ちょっとくすぐったいと感じながらも
もっと奥まで入れて欲しいという、
みょーな気持ちになってしまった・・・

アンのパンティは股間のちょうど真ん中辺りが
1cm程度濡れていた・・・

俺はその濡れているところを、親指でさすった。
アンは敏感にしゃぶっていたペニスをはずし、
あーーっ、っとやるせないような声を出した。

アンは思い直した様に、再び、ペニスにしゃぶりつき、
俺はパンティを片足だけ抜けさせた。
しみの付いたパンティがアンの左足のモモのあたりにぶらさがっていた。

もう、アンのあそこは丸見えだ・・・
色白で細めのアンのふとももの間に、
なんて卑猥な・・・
あわびの様なヒダヒダは濃いドド目色、
思いのほか厚い・・・
クリトリスは半分顔を出して、濡れて光っている。
尿道の下には透明な液体を
その下の菊の穴にまで溢れさしている膣の入り口が見える。

俺はクリトリスを右手の人差し指で優しく撫でてみた。
アンが、ア~、っとその俺のペニスを加えた口をはずした。
菊穴まで垂れている透明な液体をアヌスにゆっくり塗っていった。

アンはアヌスは未経験らしい・・・
その可愛いアヌスに指を入れようといたが、
力が入っているようでなかなか入らない・・・
アン、力を抜いて・・・
第一関節までは何とか入った。
まだ気持ちよくないようで、ちょっと眉間にしわがはいった。
プロフィール

ann

Author:ann
愛しい彼が私をえっちな女にしてしまいました。
赤裸々に彼とのSEXを綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター&成分分析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。