FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2章(2)もっと奥まで

胸あなたを抱き締めた。
少し汗ばんでいる私の鼓動、聞こえる?

あなたはすぐに私の手をすり抜けてしまった。

再び舌が私の身体を這う

おへそからウェストに移り、ウェストのサイドを下から上に舐め上げる。

少しくすぐったくて、身体をよじったとき、

あなたは私を導いて、うつ伏せにさせた。

背中を舐められる、
「…はン、」

枕に顔を埋めて、声を消した

背骨にそって、舌が降りていくとき

ザワザワっと、心地いい痺れを感じた。


うつぶせに身体を伸ばしていた私のお尻に、舌がたどり着いた。

胸が騒いだ。

お尻の割れ目に舌先が来た時、無意識のうちに身体がビクッとした。

さっきのアヌスの快感を思い出した。

枕に顔を埋めて、あなたの舌先を意識する。

膣からジュンと熱いものが溢れるのがわかる。

あなたの舌が、お尻の割れ目に細く、硬く尖った形で入って

舌先が菊門に触った。

「イヤーー、」
と声を洩らしたとき、あなたの、動きが止まった。

「・・・。」

沈黙。

え?なに?

ふっと、肌からあなたが離れた。

動揺がひろがり
ゆっくりとあなたをみた。
あなたはじっと私を見つめていた。

「嫌なのか?」

慌てて首を振った。
「ウウン・・・、いやじゃない・・・ 」

「だな。」

なんか、冷たい感じがした。気のせい?

再び、舌先がアヌスを刺すように動きはじめた。

そこは、溢れて流れてきた愛液でヌルヌルしていて、

卑猥な匂いがしていたと思う。

あなたはさらに、両手でお尻をグッと開いた。

そこにはヌメっと濡れた菊門。紅潮していた。

あなたは硬く尖らせた舌先をそこに挿入していく

恥ずかしさと
それを越える気持ちよさに襲われた。

「ア、ア、ア、アーー、アーーーーーッ」

「あ、イヤーーー、ダメーーーーーーッ、アーーー 」

もう、叫んでも止まらない。

「ア、ア、ア、アアーー」

声は喉からというより、鼻から抜けるような

喘ぎになっていた。

アヌスだけで快感を得ていた


お尻を掴んでいるあなたの手に、ぐっと力を感じた。
あぁ、もっと感じさせて

私は微かに、お尻を持ち上げていた。

舌先をアヌスに挿入しながら、あなたの指が股間にがもぐりこむ。

クイと小さくお尻を突き出したけど、指は膣に触れることはなかった。

その指はクリトリスを刺激した。

アヌスには舌が、クリトリスにさ指が触れて、私の快感をかき乱している。


どうして、触れてくれないの?

せつなくなる。

せつないのに、気持ちいい
「アン、仰向けになって」
息を切らしながら、向き直り、大の字に横たわる。

あなたはすぐに私の
モモの付け根に顔を近づけ、モモから徐々に股間の中心部に向かって舐め上げる。

「あう…、」

股間はもうぐっしょりで、透明な愛液アヌスまで垂れ落ちていく。

「アン、自分で足首を持って」

言われるがままに、両足首を掴んで足を持ち上げた

「そう、もっとアヌスが見えやすいように・・・」

「ハイ・・・」

恥かしい

でも、それよりも
求めていた

だから
素直に指示に従った。


期待していたものは…



さっきと同じように、今度は右手の中指が、アナルに

ゆっくり挿入された。

はぁーーっと長い息を吐きながら、今度は抵抗もほとんどなく、指は深く挿入されていった。

中指は完全に根元まで私のアナルに挿入された。

挿入しながら、舌先で卑猥なビラビラを舐め回された
唇で挟んで吸ってくる。

「あぁ、あぁ、あぁ、」

アヌスの奥で指先がうごめく

「あぁ、あぁ、あぁ、」

継続する快感に震える。
アソコがヒクヒクする。

どっちのアソコだろ?
舐められ、吸われている方?
深く挿入されてうごめいている方?

わからない。

だけど、股間に心臓があるみたいに、ドクンドクンって


中指をピストンしながら、あなたが言った。

「アン、もう1本入れるよ・・・」

アヌスの入り口に、もう1本、薬指が添えられた。

とっさに、左手であなたの右手を掴んだ。

「ウソ、ウソ…ムリ!!だって…」

それなのに…
「大丈夫だよ、俺を信じて・・・」

従うしかない

「ハイ・・・・・ 」

私はあなたの手を放して、再び足首を高く持ち上げた

徐々に、薬指も中指と一緒にアナルに入っていく・・・
身体に力が入りそうになるのを、逃すため大きく長く息を吐いた。

「痛い?アン、大丈夫だろ?」

あなたはゆっくりと、私の様子を伺いながら指を沈めていく

「大丈夫、、、はぁン、、、はぁ、はぁ、気持ち…イイ…の、ア、すごい」

強い快感。

「…もっと、奥まで、、」
二本の指が、アヌスの奥へと沈んでいく

「はぁ、気持ちいい・・・・・ 」

入っちゃった。
指が二本も、アヌスに入っちゃった。

「アアーー、アーーーーーーーッ、」

中で指先が動く

こんな快感初めて、酔いしれてしまう

もっと感じたくて、腰を振ってみた

クリトリスへの刺激は、ほとんどわからないくらいなのに
強い快感。

私、アナルだけでいっちゃうの?
「あん、あん、あん、あん、」

あなたが2本指で激しく、ピストン運動をはじめた

いっちゃう!!
もう、ダメぇ


「あん、あん、あ、あ、ァ、ああ~!!!!!!」





上り詰めた叫びと共に、
快感が全身に走った



足首をぎゅっとつかみながら、小刻みに痙攣している。

コメントの投稿

非公開コメント

男も

お尻は男にもあるから、やりようによっては男も快感得られる?
やっぱり自分の尻には興味ないなぁ~

了解!!

俺のは、参考で、文章にしなくてもいいし、
半分いれて、半分、アンのフィクションでもいいし、
俺のと、アンのとを合成してもいいし・・・

アンの好きなように・・・・・

Help me!

好きにしてみよう
と思って書いてみたら

元原稿があるときのようには進まない。

妄想が弱い。

ちょっと、苦戦中。

masaさんの続きがほしい。その間に、今書いている部分を差し込むから

もちろん^^

好きに展開させて^^
俺のは参考でw

参考までに、俺のシナリオはね、
3章で潮吹き、
4章でノーマルセックス
最終章でアナルセックスで失神・・・
って筋書きです。^^¥

ストーリーのキャッチボールも楽しいかもね^^

うずうず(*..*)

反撃しちゃだめ?
入れちゃだめ?


第3章、書けてるけど…続き、好きにしていい?
プロフィール

ann

Author:ann
愛しい彼が私をえっちな女にしてしまいました。
赤裸々に彼とのSEXを綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター&成分分析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。