FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンディングのSEX(4)

彼の指が徐々にスピードをあげ、強くそこを攻め始める
感じ始めると、さっきまでなんともなかったアナルもどうしようもなくなってしまう

ヴァギナの奥がきゅっと収縮する感覚
ますます、恥骨に伝わる振動がビリビリ響く

「ぁぁああ、、、」

アナルの奥で子宮にあたるバイブからの低周波
アナルの入り口あたりにはバイブの振動
そして、Gに押し当てられるローターの振動と圧迫


いっきに上り詰めてしまう
ぞくぞくとしたざわめきが走って
背中をのけぞらせた

息の続く限りの声を振り絞って
果ててしまった



ゆっくりと腹ばいになり、大きく肩で息をする
余韻の中を漂っていた

ゆっくりとアナルからバイブが抜き取られた
息を吐きながらそれを感じ取った
ヴァギナの中の振動、、、
「あっぅ、、、」
抜き取られたと安堵したところに
再び指が…さっきよりも深く差し込まれた
手マン

「ぁぁあ、、、だめぇー。まだダメ」
「ダメ?なんで?」

いじわるくピストンされる指に、逝ったばかりのうっ血したヴァギナが反応する
Gだけじゃない、Pも、ヴァギナの入り口も、クリトリスも
ほんの少し触れられるだけで、ビリビリとしびれる

「だめ、だめ、だめ、、、、感じすぎる」

彼の指がそこを離れていった。
仰向けに向き直って、大きくお腹を上下させて息をする私を見下ろして
彼は指先で私のお腹をなぞった

ビクッと体が揺れた

太腿の内側、膝、ふくらはぎ
「あっ、、、、んっ、、」

どこに触れられても感じていた





そろそろ帰る支度をしなきゃいけない時間になっていた。
彼も私を逝かせるだけで、終えるつもりだったはず

でもでも、、、、

「ねぇ、、、、、きて…」
どうしようもなくなって、彼の頬を右手で包み込んだ
彼が覆いかぶさり、熱いキスをくれる
私の左手は、肉の棒を握りしめていた
「きて、」

彼の手のひらが胸を包み、尖った乳首を指先で転がした
そのまま、お腹の上を撫でながら降りていく
私は両足の間に彼を導いた

やがて彼が入ってきた
「はぁぁぁぁ~」
深い息をしながら、体をそらせると、
ほわっと体に熱を感じた

重なった彼に肩をつかまれるように抱かれて
揺さぶられると、すぐに大きな快感に襲われた

「愛してる、愛してるの」

時が止まればいいのにと思ってしまう
何か言ってしまいそうになる唇を、キスで埋めた
揺さぶられるたびに、体の奥が収縮する

「あぁぁ、、、、逝く、逝く、逝っちゃう」

大きな波の中で、ため息を全部吐き出すように声をあげた
「あ"---------っつ」



顔にかかった髪を、彼の指がかき分けた。
「愛しているのは体だけか?」
「馬鹿!」
果ててまだ私の中にあった彼の一部が、もう一度私を突き上げた。
「あんっ!!」
ゆっくりと、離れていく。

そしてもう一度口づけた。
「愛してるよ、ann」
何度も何度も口づけた。

「さ、急いでシャワー浴びておいで。遅くなるよ」
「はぁい」








逢瀬のエンディングは、いつも離れがたくて
いつまでもそのままの姿で横たわっていたくなる

でも、弱気な顔はしない
帰る時間は、さらりと支度を整えて
ちゃんとメイクもきめて、きれいな笑顔で
またね!のキスをしたい。。。。。

彼は私のメイク所要時間は10分で十分と思っているらしい。
ちょっと違うんだけどなぁ。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ann

Author:ann
愛しい彼が私をえっちな女にしてしまいました。
赤裸々に彼とのSEXを綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター&成分分析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。