FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロのメニュー報告(3)ドクンドクン

「もっと動かしてごらん」
曲げた指先に力が入る。

濡れてなめらかな肉の壁の中で、指先が窪みにおさまった
ちょうど恥骨の裏側

恥骨ごと握るように指を曲げて、手首をスナップすると中指指のつけ根あたりの関節がクリトリスを圧迫した

中指の長さ全体で、マッサージしていくうちにジンジンとしびれに似た気持ちよさが強くなっていった。

吐息が漏れる
卑猥な水音

「もっと激しく」
と、彼の声

手首のリズムにあわせて腰が揺れる

しだいに強くなる快感

思わず両足を閉じて、自分の手をぎゅうっっと挟み込み、身体をねじった。

ドクンドクンと、波が押し寄せて、それを味わうように動きを止めた。

「逝っちゃった?」
彼の声に答えるかわりに、大きく息を吐いた。

逝っちゃった?のかな。
ちょっと違うような…と、いつも思う。

押し寄せる快感が小さいまま、でもそれだけの気持ちよさでも気が済んでしまって、おしまい。

だから、ひとりでは逝けないって思う。


彼が私の膝を撫で、閉じた足を再び開かせた。
仰向けに姿勢をもどし、膝を立てて開く。

「まだ、逝ける」
そういって彼は、私の手におもちゃを持たせた。

ずっしりと重くて、弾力のあるシリコンの塊。いきり立った男性器の形をしたディルト、みちのくさん。

左手で重い根元を持ち、右手で竿を撫であげながらかざしてみた。

彼がそれにゼリーを垂らした。
塗り広げるように、竿に指を絡め、傘のくびれをなぞり、先端に人差し指を這わせた。


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒コメントありがとう

私も研究中です。
たくさんやれば、よくなるかなぁ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ann

Author:ann
愛しい彼が私をえっちな女にしてしまいました。
赤裸々に彼とのSEXを綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター&成分分析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。