FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8時間のえっち(1)

yakei.jpg
都会の一角にあるホテル街
私と彼の籠城場所

いつも、会える時間のすべてをそこですごしています。月一度の逢瀬ですが、カンタンに逢えないからこそたっぷり8時間。

この日は、このラブホの中でいちばんいい部屋が空いていたので、その部屋を使うことができました。

露天風呂、バスマット、サウナ、岩盤浴マシーン、マッサージチェア、もちろんゲームやDVD、カラオケもあるし、レンタルコスチュームやおもちゃ、たくさんの種類の入浴剤やシャンプー類や化粧品など、モーニングからディナー、カクテルやデザートなどなどいろんな設備やサービスがあります

でもね、そんなにたくさん遊びきれないのです。

この日は、部屋に入ってサービスのドリンクを一杯いただくと
すぐにラブモード全開。

だって、逢いたくて仕方なかったんだからしょうがないのよ

私が脱ぐ様子を楽しそうに眺めていた彼だけど、
ブラを外した途端にすでにツンとしていた乳首にパクって、チュパチュパはじめてしまい
すぐに全裸に、、、、前戯もそこそこに、立ったまま挿入しちゃいました

いつもなら、つながることができた安堵感を得るとすぐにお風呂に入るのですが、
露天風呂のお湯がいっぱいになっても、もっとつながりたくて
そのまま、ベットへ。。。。

1R。
騎乗位 + クリいじり で、あっというまに汗だくになるほど感じてしまい
何度も逝ってしまいました

8時間滞在のうちの最初の45分で、こんなに体力使ってしまったらどうなるの?って感じw
露天風呂に移動したんだけど、お湯がぬるかったので湯を足している間、
テラスのテーブルで煙草をふかしながら、待ちました。

でも、そのあいだも彼の手がももの内側に差し込まれて、、、、
「やん、そんなに簡単に感じてやらないよw」と言っても、無駄な抵抗? 
左手で煙草をふかし、右手を私の中に差し込みながら
平然とした顔で煙を吐き出す憎たらしいやつ
指先だけで、声を漏らしてしまいました
悔しい


湯船のなかで彼の棒に口づけして、ちょっとお返しをしてあげました。


つづく。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ann

Author:ann
愛しい彼が私をえっちな女にしてしまいました。
赤裸々に彼とのSEXを綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター&成分分析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。